タグ別アーカイブ: FF

キングスグレイブFFXV

kingsglaive

先日、フルCG映画「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」を見てきました。初日から。ど真ん中の席で。なるべく先入観を持たずに観たかったもので。映画単体としてもまずまず楽しめましたが、それ以上にゲーム版FF15への期待を大いに高めてくれる作品でした。

FF15の主人公ノクトはつかみどころのないイケメンという印象でしたが、この映画を観て思い入れが全く違うものになりました。もう「イケメンホスト(笑)」とか言えない。キャラの背景って大事ですね。映画には本人ほとんど出てこないのに。

今までに公開されてきたFF15のトレーラー映像も、この映画を観た後だと全く意味合いが違ってきます。特にUNCOVEREDあたりはグッとくるものがあります。ゲームの発売前から思いもよらない方法で楽しませてくれますね。

それと、CG映画の進化に驚かされました。実写とまでは言えないものの、CGであることを意識することもなく自然に観られるレベルです。CGのキャラが表情で演技をする時代になったんですね。BDで観たアドベントチルドレンFF7とは段違いでした。

主人公ニックスの声が綾野剛さんってのが心配でしたが、正直予想以上に良かったです。豪華声優陣の中でも立派に主人公してました。ちなみに忽那汐里さんは…。まぁストーリー上の立ち位置も含めて独自の存在感を示していた…かな。そんな酷いって程ではなかったか。

楽しむなら一応FF15の予備知識はあったほうがいいでしょう。公式サイトなどを見て簡単に世界観を予習しておかないと置いていかれるかもしれません。一応一つの物語は綺麗に完結していますが、大きな流れの続きはゲームで!ってことになるのでそこは理解しておく必要はあります。

本編への期待感を最高に高めてくれる、理想的なプロローグ作品でした。BD同梱版も出ますが、今のうちに観ておいたほうが楽しめるんじゃないかと思います。映画やwebアニメと連動して主人公たちに愛着を持たせていくスタイルは見事としか言いようがありません。あとは早くゲームがやりたい、それだけです。

さらばFFWWW

ffwww-05

2月29日を持ってスマホのタイピングRPG「ファイナルファンタジー ワールドワイドワーズ」が終了してしまいました。1年ほど前に2、3ヶ月プレイした程度でしたが、完全に無くなってしまうと寂しいものです。ちなみにプレイしていた頃に書いた感想もあります。最終アップデートでエンディングが用意されたということで、かつてのプレイヤーの一人として最後を見届けてきました。

最後に連れて行ったのは序盤によく使っていたパーティー。ゲームを始めて最初に選んだのがバッツで、たまたま☆3で引いたホープとエアリスに、少ない手持ちの中では攻撃力の高いライトニングを組み合わせたパーティーでした。すでに懐かしい。バッツはずっと重要な戦力でした。昔のクイックトリックは強かった。

スマホゲーの割には地味で、課金への圧力も強くなかったのでのんびりと楽しんでました。フリック入力の練習にもなりましたし。射幸心を煽って札束を積ませるのがトレンドの世界にも、こんな地味なゲームがあっていいと思うんですよ。もうちょっとだけ商売っ気を出してもよかったのかな。

やっぱり、あまりにも地味すぎて人が集まらなかったんでしょうね。ランキングイベントだと開始したての無課金の私が200位近くに入れたぐらいで。あれ総参加者5000人切ってたような…。さらには致命的なレベルの不具合や、バランスの悪いイベントも多くて、運営はかなり苦しそうに見えました。本当にお疲れ様でした。

ffwww-08

消滅まで残り1分を切った世界。かなり切ない。

ffwww-09

最後の瞬間を迎えるとこんなメッセージまで。終わるのが決まったゲームにこんなメッセージまで仕込んで…。とても切ない。公式サイトを見に行っても払い戻しの告知があるだけで、ゲーム紹介すら残っていないという。本当に厳しい世界ですね…。

ffwww-07

さらばFFWWW。その控えめなところ嫌いじゃなかったよ。

FFワールドワイドワーズの感想 – 地味なまったりタイピングRPG

ffwww-02

スマホ用基本無料RPG「ファイナルファンタジー ワールドワイドワーズ(公式サイト)」の感想など。フリック入力で文字を打ち込むと敵を攻撃できるという、かなり前に流行ったタイピング練習ゲームをスマホ用にアレンジしたようなRPGです。グラフィックはなぜかシアトリズムFFCCのものが使用されており、BGMや表示される単語にもFFシリーズの要素が多く含まれています。昔のタイピングゲームが結構好きだったので、これも試してみました。

続きを読む» FFワールドワイドワーズの感想 – 地味なまったりタイピングRPG

FFレジェンズ光と闇の戦士の感想 – ボリューム満点の昔風RPG

ffl-04

Android用アプリ「ファイナルファンタジーレジェンズ 光と闇の戦士(公式サイト)」の感想など。元々は完全新作のガラケー用アプリだったものの移植で、当時は1年以上にわたってシナリオが配信されていたものです。スマホ版では1本のゲームとしてまとめてあり、それにともなってバランス調整などもされているようです。FF5風のジョブシステムや光の戦士・闇の戦士の2パーティを交互に操作するストーリーが特徴です。FF4アフターの後継作品にあたるのかな。

せっかく移植されたのだからと随分前のセールで買って少しプレイして以来、長いこと積みっぱなしになっていましたが、最近やっとクリアしました。アプリとしては圧倒的とも言えるボリューム満点の昔風RPGでした。

続きを読む» FFレジェンズ光と闇の戦士の感想 – ボリューム満点の昔風RPG

ファイナルファンタジーと私 後編

ff-series

今までにプレイしたシリーズ作品について長々と語るシリーズ語り、あまりにも長くなったので2回に分けたファイナルファンタジーシリーズの後編です。前編はこちら。今回は割と最近プレイしたものが中心です。

続きを読む» ファイナルファンタジーと私 後編