ゲーム一覧

2017年の終わり

お久しぶりです。早いもので2017年ももう終わろうとしています。今年も色々ありました…。今年はプレイするゲームの規模は小さくなったものの、相変わらずプレイしたいソフトが多く、積んでは遊び、また積むというサイクルに囚われておりました。かなりの勢いで遊んでいるはずなのに、積みゲーが増えるペースのほうが早いという状況。

本当は旧作にも遊んでみたいタイトルはたくさんありますし、やっと本体が出回ってきたSwitchを買ってゼルダ→マリオ→ゼノブレイド2と遊んでみたい気持ちもあるのです。来年も1月から半年ぐらいは欲しい新作が途切れることはなさそうで、なかなか余裕はなさそうです。おかげでミニスーファミを買ったのにほとんど遊べていません。

そんなこともあって、ブログやサイトの更新はほぼ止まった状態でした。今はそんなに更新したいという欲がなく、しばらくはこんな状態が続く予定です。

それでも2018年にもなって、サイトがスマホ対応していないのはさすがに微妙。ということで段階的にスマホへの対応を始めたところです。ついでにSSL対応やブログのテーマ変更もしてみました。閲覧時になんか不具合などあればお知らせください。

それでは今年もプレイしたゲームを振り返ってみることにします。クリアしたと言えるのは以下の通り。

  1. こんな僕が救う世界(3DS)
  2. サクラ大戦(PSP)
  3. レイジングループ(Vita)
  4. GRAVITY DAZE 2(PS4)
  5. シュタインズゲート0(PS4)
  6. ドラゴンシンカー(3DS)
  7. マーセナリーズサーガ2(3DS)
  8. イース・オリジン(PS4)
  9. ネットハイ(Vita)
  10. モンスターハンター ダブルクロス(3DS)
  11. レヴナントサーガ(PS4)
  12. RESCEY(Android)
  13. スターオーシャン3 ディレクターズカット(PS4)
  14. ライフイズストレンジ(PS4)
  15. ザナドゥeX+(PS4)
  16. アライアンス・アライブ(3DS)
  17. トガビトノセンリツ(Android)
  18. ピクトロジカ ファイナルファンタジー≒(3DS)
  19. クラブニンテンドー ピクロス(3DS)
  20. ドラゴンクエスト11(PS4)
  21. ドラゴンクエスト1(PS4)
  22. マイニンテンドーピクロス ゼルダの伝説(3DS)
  23. ドラゴンクエスト2(PS4)
  24. ピクロスe(3DS)
  25. アスディバインハーツ(PS4)
  26. UNDERTALE(PS4)
  27. 鈍色のバタフライ(Android)
  28. クリスタレイノ(3DS)
  29. ピクロスe4(3DS)
  30. シンフォニーオブエタニティ(3DS)
  31. ロストスフィア(PS4)
  32. 空のフォークロア(3DS)
  33. ファイナルファンタジーレジェンズ2 時空ノ水晶(Android)
  34. 地球防衛軍4.1(PS4)
  35. .hack//G.U. Last Recode(PS4)
  36. 獅子王の伝説(Android)
  37. アキバズビート(PS4)

小規模な作品が多いとはいえ結構な数になったもんです。これだけ崩しても積みゲーが減らない。どういうことなの…。では続きで1本ずつ簡単に振り返ってみましょう。

続きを読む» 2017年の終わり


聖戦クロニクルの感想 – 見た目からは想像できない骨太RPG

近々セールが始まるということで、3DSのケムコRPG「聖戦クロニクル」の感想など。ドット絵による昔ながらのグラフィックや、人間キャラと「守護獣」というキャラがペアになる戦闘システム、素材を集めて装備を強化していくシステムなどが特徴的。

開発はねこあつめやクロノスアークなどのヒットポイント社。スマホからの移植作品で、ガラケー、スマホ、PSPでも配信されていた「幻想クロニクル」の続編にあたる作品になります。世界観のつながりは少しだけありますが、知らなくても楽しめるレベルだと思います。システムもクロノスアークや幻想クロニクルの正統進化です。

オリジナルのスマホ版はタッチ操作に特化した独特のインターフェースを採用していましたが、3DS版はボタン操作に特化されました。移植にあたっては難易度ハードが追加されたほか、追加課金要素の撤廃、下画面のマップ表示などが行われています。

スマホ版は以前にクリアしたことがあったのですが、かなり面白かったので3DS版もプレイしてみました。結果としては、スマホ版を上回る遊びやすさで大満足。裏ボスまでハードで撃破するぐらいには楽しみました。

続きを読む» 聖戦クロニクルの感想 – 見た目からは想像できない骨太RPG


こんな僕が救う世界の感想 – 引きこもり軍師と陣形のRPG

近々セールが行われるということで、3DS用のケムコRPG「こんな僕が救う世界」の感想など。引きこもりの魔道師の青年(20代半ば)が慈愛に満ちた女王や仲間と出会い、軍師として活躍するという異色のストーリーが特徴的です。ガラケーで配信された頃のキャッチフレーズは「ラノベファンタジー」。なんだそれ。

開発はアルファディアやアスディバインシリーズなどのエグゼクリエイト社。元々はケムコ以外のサイトで配信されていたガラケーアプリですが、3DS版はケムコからのリリースになりました。3DSのエグゼクリエイト作品の中では、やや古い部類に入ります。

スマホ版は持っていたのですが、操作性や視認性があまり良くなくて4年ぐらい積みっ放しになっていました。3DS版が出たのを機に、今度こそクリアしようと買ってみました。

続きを読む» こんな僕が救う世界の感想 – 引きこもり軍師と陣形のRPG


2016年の終わり

お久しぶりです。早いもので2016年ももう終わろうとしています。今年も色々ありました…。今年はとにかく大作が多くて、ひたすら発売日と積みゲーに追い回されていたという印象です。スケジュールがきついのなんの。あと、なぜか今になってモンハンクロスが活性化しているコミュニティがあって、そこでモンハンも結構ゆるーく遊んでました。

そんなわけでブログの更新もおそろしく滞ってしまいました…。積みゲーで精一杯で時間が足りませんでしたッ!!

と言っても、SNSやプロのアフィリエイターさんたちが支配している今、個人でブログ書いても仕方ないなんて思っていたりもしますが、もうちょっと何か書ければよかったのかもしれません。

それはさておき、今年もプレイしたゲームを振り返ってみることにします。クリアしたと言えるのは以下の通り。

  1. 聖戦クロニクル(3DS)
  2. ジルオール インフィニットプラス(PSP)
  3. 聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(Vita)
  4. ファイナルファンタジー7(PS4)
  5. いけにえと雪のセツナ(PS4)
  6. 無限のデュナミス(3DS)
  7. アストラルフロンティア(Android)
  8. ペルソナ3ポータブル(PSP)
  9. スターオーシャン5(PS4)
  10. ロマンシング サガ2(Vita)
  11. 逆転裁判6(3DS)
  12. 巡界のクレイシア(3DS)
  13. イース8(Vita)
  14. プロジェクトクロスゾーン2(3DS)
  15. テイルズオブゼスティリア(PS4)
  16. ペルソナ5(PS4)
  17. ワールドオブファイナルファンタジー(PS4)
  18. テイルズオブベルセリア(PS4)
  19. ファイナルファンタジー15(PS4)
  20. キングステイル ファイナルファンタジー15(PS4)
  21. レグナタクティカ(3DS)

本数は昔ほど多くはないものの、FFが3(+2)本、テイルズ2本、ペルソナ2本。こりゃ時間がかかるわけです。次のゲームの発売日が来るというプレッシャーとの戦いでした。我ながらよく乗り切ったもんだと思います。

続きで1本ずつ簡単に振り返ってみましょう。

続きを読む» 2016年の終わり


PS3を修理に出した

壊れた

「ピッ」

「ピピピッ」

となって電源が落ちるようになってしまった我が家のPS3。うちで使っている型番CECH-2000の修理受付が3月末で終了するということで修理に出してみました。PS4の時代が来たとはいえまだまだPS3の無いゲームライフは考えられませんし、あと5年は戦ってもらいたいので。

最初はドラゴンズドグマオンラインでしか出ない症状でした。しかもファイルシステムの修復をすれば普通に使えていたので甘く見てたんですよね。PS4も買っちゃいましたし。それがいつの間にやら普通に電源を入れることすらままならなくなり、せっかく買ったテイルズオブゼスティリアも遊べません。これは明らかにまずいだろうと。

修理

公式サイトの故障診断をやってみると見事にメイン基板故障にヒット。修理代が一番高いやつです。正直12,960円という値段は、メンテナンスには高く感じられます。それでも新型を買うよりはまだ安いですし、デザインが新型より好きだし愛着もあります。というわけで買い換えよりも修理を選びました。

ネットで申し込んだら買ったときの箱に詰めて着払いで送るだけ。到着確認メール→見積もりメール→発送メールと状況の通知もしっかりしていました。発送から到着まで約1週間。特にトラブルはありませんでした。今のところピピピが再発することもなく、サービスとしては問題なかったです。

ちなみに外装のクリーニングとかそういうのはありませんでした。中はどうなってるのか分かりませんが、そこら辺は期待するようなもんじゃないですね。コッソリ何かが交換されてたりするんでしょうかね。

注意点

修理の前後で厄介だったのがデータのバックアップです。メイン基板の交換では、修理前と修理後では別のPS3本体という扱いになってしまいます。つまりバックアップしたデータを復元しても、一部のデータは戻って来ないという…。それと、本体の認証解除を忘れると面倒くさいことになります。

コピー可能なPS3とPSPのセーブデータは復元できますが、コピー禁止のものは無理でした。ゲームデータやソフトは全滅です。もちろん再ダウンロードは可能で、plusのオンラインストレージで多少はカバーできるものの、とにかく面倒くさいですね。ディスク版ソフトのインストールも全部やり直しです。

最大の盲点は、なぜかPS1とPS2の仮想メモリーカードを復元できない点。バックアップが取りにくいデザインになっていることもあり、完全に抜け落ちていました。大事なデータは古いバックアップ、PSP、Vita、現物のメモリーカードなどから戻せましたが、最近のセーブデータが失われてしまいました。せっかくクリアしたTHEスナイパーのデータが…無念。

しっかし仮想メモリーカードのバックアップが取りにくいのはどうにかならないんですかね。USBメモリーを使ってもデータを1つずつコピーしなきゃいけない時点で酷いです。さらに1枚の巨大なメモリーカード扱いになり、同名のセーブデータを共存させることができないって。PS1時代のデータをそのまま使えるだけありがたいと思わなきゃいけないんでしょうけど。後発なのにそれができないPS2アーカイブスはちょっとダサい。

メイン基板が故障した場合、データを完全に引き継ぎたければ本体を買い換えてデータを引っ越したほうがよさそうです。元の本体が動く間は、ですが。メイン基板が故障することなど全く想定されていない設計なんでしょうね。そもそも昔のデータに執着すること自体が想定外なのかも…。

まとめ

ちょっと高くつきましたが、PS3が再び使えるようになったので安心はしています。plusのフリープレイや、気になるけど遊んでいないタイトルは山ほどありますからね。ほぼ無限にセーブデータを作れるPS1としての価値もありますし。あとはこのPS3が壊れるまでに、クラウドゲームや互換機がもっと発展してることを願うばかりですね。