タグ別アーカイブ: 感想

無限のデュナミスの感想 – 暇つぶし向きのRPG

dunamis-01

ケムコの3DS用RPG「無限のデュナミス」をクリアしたので感想など。ガラケーアプリやスマホからの移植。ヒロインが半人半機という設定で、ヒロインに限りアイテムを使ってパラメータを強化できるのが特徴的です。ガラケー円熟期のアプリということで、ボリュームが大きくやりこみ要素も豊富に用意されています。開発はアルファディアやアスディバインシリーズなどのエグゼクリエイト社。

アプリでは量産型ゲームっぽく見えてあまり注目していなかったタイトルですが、3DSに移植されるぐらいなんだから人気があるんだろうと買ってみました。値段も1080円と高くはないですし。しかし3DSに移植されるケムコRPGはラインナップが読めませんね。

続きを読む» 無限のデュナミスの感想 – 暇つぶし向きのRPG

ルーモ 光と闇のファンタジアの感想 – 短時間で思う存分遊べる基本無料RPG

lumo-01

ケムコのAndroid用基本無料RPG「ルーモ ~光と闇のファンタジア~」をクリアしたので感想など。ステージクリア型の基本無料RPGで、髪型と目のパーツを組み合わせて好みのキャラを作り、ガチャで入手したクラス(職業)と組み合わせるシステムが特徴的です。この手のゲームによくあるスタミナの概念が無く、戦闘はシンプルなコマンドバトルになっています。開発は「ねこあつめ」のヒットポイント社。

この手の基本無料ゲーはあまりやらないのですが、ケムコの新作ということで試すだけ試してみようとプレイしてみました。2015年9月22日現在、配信されているステージは一通りクリア済みです。

続きを読む» ルーモ 光と闇のファンタジアの感想 – 短時間で思う存分遊べる基本無料RPG

3DS版クロノスアークの感想 – スマホからの移植で操作性向上

3ds_chronus01

ケムコのRPG「クロノスアーク」の3DS版をクリアしたのでその感想など。携帯アプリ→スマホから移植された2DのRPGです。ゲーム内容は前回紹介したスマホ版(クロノスアークの感想)とほぼ同じなので、今回は変わった部分に絞って紹介します。

続きを読む» 3DS版クロノスアークの感想 – スマホからの移植で操作性向上

クロノスアークの感想 – 意外に高難易度のRPG

Screenshot_2015-08-11-22-48-35

3DS版の配信が決まったということで、移植元となったAndroid版「クロノスアーク」の感想など。元々はガラケーアプリからの移植で、ドット絵で表現された2DのRPGです。発売元のケムコはここ10年ほどガラケーやスマホで大量のRPGを配信しているメーカー。開発は最近「ねこあつめ」が話題になったヒットポイント社です。

一見シンプルな見た目ながらも、謎解き、ジョブチェンジ、魔法の改造、武器強化、クエスト、図鑑など様々な要素が詰め込まれているのが特徴です。グラフィックやシステムはPSPの「幻想クロニクル」などとベースは同じなので、プレイしたことがある人は似たような感じだと思ってもらえれば。いないか。

続きを読む» クロノスアークの感想 – 意外に高難易度のRPG

ケイオスリングス3の感想 – 新旧和製RPGのごった煮

chaos3-01

1、Ω、2に続いてVita用RPG「ケイオスリングス3」の感想など。スマホ向けに展開されていたケイオスリングスシリーズの4作目です。追加課金無しの買い切りのRPGながら、基本無料ゲームの要素が多く取り入れられているのが特徴。スマホ版とVita版が同時発売という珍しい形が取られましたが、このVita版はスマホからの移植っぽいですね。

Vitaの「プリクエル・トリロジー」版は旧作の1、Ω、2もセットになっていて、この際全部まとめてプレイしてやろうと購入しました。基本無料風の雰囲気には不安しかありませんでしたが、やってみたら想像していたよりもかなり面白かったです。しかも4本入りなのに安いというお得感がナイス。繰り返しになりますが追加の課金要素はありません。

続きを読む» ケイオスリングス3の感想 – 新旧和製RPGのごった煮