雑記一覧

2015年の終わり

早いもので2015年ももう終わろうとしています。今年も色々ありました…。今年はあまりオンラインものをやらなかったので、積みゲーはそれなりの本数を崩せました。一方、基本無料のゲームやPS+のフリープレイやらが出てきて、積み・崩しとは違う形でプレイするゲームが多かったですね。というわけで今年もプレイしたゲームを振り返ってみることにします。クリアしたと言えるのは以下の通り。

  1. HIDEBOH タップダンスHERO(Vita)
  2. ラグナロクオデッセイエース(PS3/Vita)
  3. レジェンドオブレガシー(3DS)
  4. ソウルオブデーヴァ(Android)
  5. エクストルーパーズ(PS3)
  6. ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(GC)
  7. ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト(DS)
  8. 黄金の魔王 モンスターフレンズ(Android)
  9. 白騎士物語 光と闇の覚醒(PS3)
  10. テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(PS3)
  11. シアトリズム ドラゴンクエスト(3DS)
  12. 英雄伝説 閃の軌跡2(PS3)
  13. メタルマックス4(3DS)
  14. ダンガンロンパ1・2 Reload(Vita)
  15. クロノスアーク(3DS)
  16. テイルズオブエクシリア2(PS3)
  17. ルーモ 光と闇のファンタジア(Android)
  18. ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(Vita)
  19. モンスターワールド4(PS3)
  20. ファイナルファンタジー零式HD(PS4)
  21. ファンタシースターノヴァ(Vita)
  22. グレイスオブリトアール(Android)
  23. モンスターハンタークロス(3DS)
  24. アルファディア(3DS)

重たいタイトルが多い割には結構いけましたね。他にもフリープレイでストクロやブレイブルーなどの色んなタイトルをプレイしてみたり、スマホでFFWWW、FFレジェンズ時空の水晶をやったりしてました。一ヶ月ぐらいドラゴンズドグマオンラインもやってみました。本数以上に多くのゲームに触れることができた一年でした。

続きで1本ずつ簡単に振り返ってみましょう。

続きを読む» 2015年の終わり


ドラゴンズドグマオンラインができない

最近サービスが始まったというので、PS3版の「ドラゴンズドグマオンライン」をやってみようと思ったわけです。基本無料でアクション性の高いオンラインゲームがクロスプラットフォームでできるってのは、PSO2を意識してるっぽいですね。

更新だ登録だダウンロードだと色々面倒な手続きを経てようやく開始。と思ったのですが、何故かキャラエディット画面に行くと本体が「ピピピッ」という音を発して強制シャットダウンされてしまう現象が発生しました。再起動するとファイルチェックが入るから結構怖いものがあります。何とも心臓に悪い。

その後は再起動しようが、いったんアンインストールして入れ直そうが、キャラエディットより先に進むことはできませんでした。サポートに連絡してもテンプレ回答が返ってくるだけで何の解決にもなりません。PCならスペックが低かったからと諦めもつきますが、PS3ですからね。他のゲームでこんな現象は出たこともありません。

そろそろPS3本体の寿命が近づいているのかもしれませんね。いつの間にやら買ってから約6年ですか。結構酷使しましたし、あちこちにガタがきていてもおかしくはないですね。他のソフトでも落ちるようになったら、修理なり買い替えなりを考えるしかなさそうです。まだPS3で遊びたいコンテンツはあるので、壊れるにはまだ早いんですが…。

ドラゴンズドグマはPS4でもできるので、これを機にPS4の購入も検討しています。今後はPS4でもRPGの発売予定がそれなりにあり、いずれは買うつもりだったわけで。しばらくはPS4/PS3、PS4/Vitaみたいなタイトルが多いですが、どうせやるなら綺麗なほうでやりたいですし。タイミングはどうなのかな。


閃の軌跡2はじめました

この前買ったPS3版の閃の軌跡2を始めました。下準備として閃の軌跡1の2周目をプレイしていたのですが、2周目を終えたところで気力が尽きて妥協するという形になりました。あと1周を最高難易度でプレイすればトロフィーも100%にできて綺麗なんですけど、さすがに長すぎますね。トロフィー94%ってのも微妙なところですが、積みゲーが多い中でそこまで律儀にやらんでもいいかな、というところで。周回プレイから新作へという流れは、ループものの終盤に入ったような感覚がありますね。

予想はしていたもののこのゲーム相当長そうですね。短く見積もっても60時間、場合によっては軽々と3桁に乗るんじゃないかという。このシリーズは時限要素を逃さないためには長時間の探索を要求されるもんだから、探索にかかる時間次第でしょうか。結構マメに回ってるつもりなのに既に見落としがあったみたいでちょっとガッカリしているところだったり。まあ軌跡の1周目はこんなもんでしょう。

内容の方はまだ序盤で戦力が整っていないわけで何とも言えないところです。敵味方ともに命中率が低すぎる気はします。そこまでしてアーツ(魔法)を使わせたいのか。細かい前作の不満点は頑張って潰したのかなってのが見えてはいます。主にロード時間とか。長丁場になるのは確実ですし、のんびり進めるとしますか。


シアトリズムDQ購入

tdq-01

今さらながら「シアトリズム ドラゴンクエスト」を買ってきました。シアトリズムFFシリーズは大好きで本当はもうちょっと早くプレイしておきたかったのですが、積みゲーやら何やらですっかり遅くなってしまいました。体験版をやって案外テンションが上がらなかったというのもあったかな。某GE○に買いに行ってみたら、新品がものすごく値下がりしていてビックリです。限定テーマもちゃんと入ってました。

tdq-02

第一印象としては、体験版の頃から感じていましたが、やっぱり戦闘BGMで遊ぶBMSがどうにもしっくり来ません。譜面が横からまっすぐ流れてきたシアトFFと異なり、今作では上の奥から手前に流れてくるようになっています。横に広く表示される分視界を広くとっておかなくてはいけませんし、立体視に対応していない画面で奥行きを素早く判断するのはかなり難しいです。人間性能が低いのかな…。

音源が原作版、移植版、オーケストラ版のいずれとも異なるオリジナルのものになっているのはあまり評判が良くないみたいですが、これは仕方ないんでしょうね。原作版だと1ループが短くて単調になってしまうのは避けられませんし、オーケストラ版以降で追加された部分が入れられません。オーケストラ版だとリズムゲーとしては遊びにくくなってしまいますし、移植版ってのも一貫性が無さすぎるってところでしょう。全部作り直すのは大変だったでしょうし、ドラクエの曲っていう題材は難しかったんだろうなぁ。

原作プレイ当時の思い出を追体験できるって感じではないですが、プレイしていると改めてドラクエの曲の良さを実感させられますね。7以降の曲は何となく軽く扱われる傾向がありますが結構好きです。ただ、原作よりもバトルロードビクトリーやシアトFFが懐かしく思えてくるのはなぜだろう。シアトFFとはまた別のゲームとしてのんびり遊んでいこうと思います。


PSM終了へ…

残念なニュースが入ってきました。

Vitaで遊べるPSMが完全に終了するとのことです。再ダウンロードや機器認証さえもできなくなるので、ソフトを削除するか本体が壊れるかしたら消滅ということになりますね。明らかに宣伝もコンテンツも不足していたとはいえ、消えてしまうのは寂しいものです。手元にあるのは無料配信されたものとケイオスリングス、アプリアーカイブスが2本ぐらいのものですが。結局PSMとは何だったんだ。

一番気がかりなのは始まったばかりのアプリアーカイブス。消えゆくガラケーアプリを復刻するプロジェクトだったのに、ガラケーアプリよりも先にプラットフォームごと消えていくとは…。アップデートも絶望的でしょうね。完成度はまだまだだったものの、復刻には期待していたので今後も何らかの形で継続してもらいたいものです。現状の完成度や評価数を見ると難しいのかな…。

とりあえず7月まではコンテンツの配信はされるということで、気になるタイトルが来たらさっさと購入することと、機器認証をしておくのは忘れないようにしておきます。