雑記一覧

PS+その他の機能

昨日の続きみたいなもんでPlayStationPlusの機能のお話。

セーブデータをオンライン上にバックアップできるというのは便利ですね。Plusの期限が切れていても、噂によれば6ヶ月ぐらいは保持していてくれるということなので、たまに入ってバックアップに使うというのも良さそうです。当然期限切れの間は無保証ですが。コピー不能のデータや、Vitaカード版のデータも置いておけるのは大きな利点ですね。自動バックアップなんて機能もありますし。

とはいえ、セーブデータ絡みの機能を有料にするってのは、あえて基本的な機能に制限を加え、有料サービスに誘導しようという狙いが見えて印象が悪いですね。特にVitaのセーブデータは通常、DL版では容量の大きいソフト本体とセットじゃないとバックアップできませんし、カード版ではそもそもバックアップができません。PSPでは当たり前のように外部にコピーしておけたのに。オンラインにセーブデータだけコピーできるってことは、データの切り離しは技術的に可能なのは間違いないわけですよね。完全に自由なのは色々問題があるのかもしれませんが、せめてPS3にコピーさせてくれてもいいのでは。

PS3側ではPlusで使えるPS3のセーブデータは複数選択してコピーが可能なのに、それ以外の機種のセーブデータは複数選択ができないってのも何となく嫌らしい感じがします。有料サービスにメリットを持たせるのはいいのですが、有料にならない部分は放置、または不必要な機能制限をかけるというのは考え直してほしいものです。

Vitaはまだ発展途上で徐々に機能が充実してきているので、今後のアップデートでこのあたりの不満を解消してくれることを期待しましょう。PS3のほうは期待できるんでしょうか…。PS1のセーブデータのバックアップとか面倒で面倒で。


PS+無料体験

PSの有料オンラインサービス「PlayStationPlus」の7日間無料体験をやってみました。月500円で期間中特定のゲームが遊び放題になるサービスや、セーブデータをネット上に保存できるサービスがウリみたいです。ちょっと前はフリープレイがアーカイブスを中心に月1本というお寒い状況だったのですが、10本以上に増えたのを記念してのキャンペーンだとか。

期間は短かったけど、とりあえずフリープレイのは何本かプレイしてみたのでその感触など。

Vita「墨鬼」。割とコテコテの横スクロール2Dアクションでした。雰囲気はいいんですが、ボタンとタッチの両方を使うのが結構キツいです。背面タッチをこすると特技に使える墨を回復できるって要素が微妙すぎ。インタフェースもイマイチ。フルプライスのゲームではない感じですね。ヌルくはないので、無料ならアクション好きがサクッと遊ぶにはいいかも。

PS3「餓狼伝説」。初代餓狼。今遊ぶにはキツいですが、歴史を体験するって意味ではプレイできてよかったかな…。しかしネオジオステーションの展開は終わっちゃったんでしょうかね。なんだってわざわざ初期タイトルから順に出してたんだか。

PSP「INFLUENCE」。右脳系って感じのシンプルなパズルゲームでした。ルールは簡単なのにやってみると難しいです。私の頭ではキツかったですが、得意な人がやると面白いかも。

PS3「GOD of WAR HD」。PS2で人気のあったアクションのHD版。1と2のセット。各6GBあるのでDLには時間がかかります。序盤しかやってませんが、もともとPS2だったとは思えない迫力のある演出でした。ちょっとグロいけどゲーム自体は意外と遊びやすいですし、続きをやるために500円出して再加入しようか検討中です。

PSP「ピポサル戦記」。サルゲッチュシリーズのRPG。少年ギャグ漫画みたいなノリでした。ランダムエンカウントで戦闘だけじゃなくてミニゲームも入るのが独特ですね。ミニゲームでレベル上げなんかもできます。ミニゲーム好きにはいいかも。

PS3「みんニャのパターGOLF」。トロとみんゴルのコラボだとか。全9コースのシンプルなパターゴルフのゲームですが、グラフィックや挙動は本格的でした。無料ならなかなか遊べるミニゲームってことでいい感じです。本気で攻略しようと思うとちょっと歯応えがありそう。

PS3「ラチェット&クランク FUTURE外伝 海賊ダークウォーターの秘宝」。ラチェクラシリーズのアクションゲーム。短いゲームってことでこれはクリアしました。いかにも全年齢向けの洋ゲーという感じのゲームで、短い中にも色々な要素が詰め込まれてました。本編のシリーズから色々と流用されてるのでしょうか。もともと本編をプレイした人のためのゲームでしょうから、ストーリーはつなぎっぽい流れで、難易度も最初から高め。オープニング直後から勝てず、イージーでやっちゃいました。

残りのタイトルはほとんど遊んでいません。さすがに7日で遊びつくすのは無理ですね。ゴッドオブウォーの続きもあることですし、12月と1月のタイトルを遊べる時期にでももう一回加入してみようかと思ってます。タイトル次第では、たまに入ってみても良さそうだと思えるぐらいのサービスにはなってきました。今後にちょっとだけ期待です。


邪聖剣ネクロマンサーNR

前回のセパスチャンネルで勢いづいたところで、DSiウェアのRPG「邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN」もプレイしてみました。昔PCエンジンで出ていたものの続編で、携帯アプリのネクロマンサー2を移植したものです。起動時のハドソンロゴが物悲しい…。

画面写真からしてSFC時代のRPGのような雰囲気が漂っていますが、プレイした感触もSFC後期のRPGそのものでした。グラフィックは割とよく描き込まれたドットで雰囲気が出てますし、何より音楽が良い意味で昔のRPGを思わせるものでした。音の使い方とかがすごく懐かしい雰囲気。こういうの大好きです。今風にゲームのテンポは良好です。

システムはシンプルで若干高めの難易度でした。パーティーの強化を怠ればボスにボコボコにされるなんてこともありますし、ザコ戦も確実に消耗させられます。レベルや装備を整えれば強くなった確かな実感が得られ、新しい魔法を買えば戦術の幅が広がり、ボスはなかなか個性的でそれぞれ攻略法が異なるなど、サクサクと攻略していくのが楽しいです。

携帯アプリ発のDSiウェアということでさすがに容量が小さく、演出面では若干物足りない部分もありますが、暗いのに軽いノリで進んでいく昔っぽいストーリーには丁度いいぐらいとも思えます。800円とDSiウェアにしては高いですが、SFC時代のRPGが好きな人にはオススメです。


セパスチャンネル

DSiウェアのRPG「セパスチャンネル(公式サイト)」が今月末で配信終了になるというので、消える前にプレイしてみました。携帯アプリからの移植もので、哲学的なテーマとMOTHERシリーズを意識したようなグラフィックが特徴です。この不思議な世界観は好きな人がきっといると思いますね。

ボリュームは10時間にも満たないぐらいで、システムやテキストは極めてシンプル。装備の概念すらありません。自由度というものもほとんどありません。容量の少ない携帯アプリの中で工夫した結果という感じですが、それがかえってレトロゲーのような味になっていて悪くなかったです。こういうゲームならアドベンチャー感覚でサクッと遊べるのがいいですね。

ゲームバランスはかなり大味で、特にラスボスの強さはちょっと壊れ気味だったような。短いゲームだから3時間もレベル上げをすれば十分勝てるぐらいまでには成長するのですが、それがプレイ時間の1/3以上を占めるというのはちょっと問題かと。分かってる人がプレイすれば違うのかもしれませんが、シンプルなゲームだけに工夫の余地があまり無いように感じました。携帯アプリのお約束として強いボスが登場するってのがありますが、その位置づけなんでしょうかね。

万人にオススメできるタイプのゲームではありませんが、こういう個性的でコンパクトなRPGというのもありですね。現状スマホにも移植されていないので、配信終了というのはちょっと勿体無いような。G-modeは結構アプリゲームの資産がありそうだし、スマホなりコンシューマのDLソフトなりで残していってほしいものです。宮本ジュリアあたりいけると思うんですけどね。スマホだとドコモマーケットでRPGモードのサービスが始まっていますが、あまりやる気があるようには見えませんし…。


セルセタ現況

PSO2をメインで進めているので進行は遅いですが、セルセタもプレイしてます。とりあえず1周は大雑把にクリアして、あれこれ埋めるのに2周目をプレイ中。一番苦労したのは宝箱100%ですね。走り回って回収率99%を超えたあたりで残った宝箱が見つからなくなり、何時間探し回ったことか。2周目はマップが既に完成している分、行っていない場所が分かりにくくて大変です。フィールドを一通り走り、ダンジョンもすべて隅まで探索し、それでも2個が見つからず。

あきらめかけたところで、1つはラストダンジョンの片隅で発見しましたが、もう1つがなんと…キャスニア鉱山。チュートリアル的な最初のダンジョンです。まさかあんなところで取り損ねているとは…。なんかもう脱力しました。何時間も探した挙句、何が悲しくて最後が鉄塊。ドジですなぁ。

トロフィー的には難易度ナイトメアのクリアを残すだけとなりました。正直イースの最高難易度とかやりたくないんですけど、97%で止めるのも微妙なところですし、とりあえず挑戦だけはしてみようかな。