雑記一覧

PSストアのキャンペーン

PS3のPSストアがリニューアルされましたね。確かに機能が増えてオシャレになったような感じはしますが、動作がどうにもカクカクしてますし、ソフト扱いになったせいか起動も重く、まだまだ改良の必要があるでしょう。あちこち見ているうちにものすごく重くなって再起動を余儀なくされることもありましたし、コンテンツ売る気あるんですかね…。この派手だけど重いのはアメリカあたりのwebサイトをイメージさせられます。

そのリニューアルの記念として、1000円以上購入すると抽選でPSNのポイントが当たるキャンペーンをやっているということで、せっかくだから応募しようかと思ったのですが、いざポイントをチャージしてみると何を買うか変に迷ってしまいます。God of Warの続きなどのフリープレイをやるのにPS+というのも捨てがたいですし、安くなっているPSPのゲームというのも悪くありません。いずれやりたいアーカイブスという選択もありでしょう。ま、迷う…。

一番の問題は積みゲーですよね。体調を崩した期間やらPSO2もあって今年はまだ1本もクリアしていないというのが現実です。まずはサモンナイト1をちまちまとやってはいるのですが、まだ終わらないという。もっと集中力を持って進めないといかんなぁ。


PS Mobile

Vitaや一部のAndroid端末で同じアプリが動くとかいうPlayStation Mobile、試してみたいと思いつつもなかなか興味のあるソフトがなかったのですが、Samurai Beatdownという通常100円のゲームが期間限定で無料配信されていたので試してみました。音楽に合わせて左右から敵が走ってくるので、それを画面の左側と右側をタイミングよくタップすることで斬るというシンプルなリズムゲーです。

全5ステージで難易度がそれぞれに3段階あるだけというかなりシンプルな作りで、基本的に死ににくいバランスにはなっており、手軽にちょっと遊ぶには丁度いいゲームです。敵の種類によってはタイミングが目視しづらい上、素直なリズムじゃない箇所が多いのですが、それだけにうまく乗れたときの爽快感はなかなかのものです。

PS Mobileという通常のゲームとちょっと違う環境ですが、グラフィックや操作感覚に特に違和感はありませんでした。若干起動に時間がかかりますが、動きは滑らかでレスポンスも良好です。スクショやスリープも普通に使えました。複雑なゲームだとどうなるかは分かりませんが、Vitaでプレイする限りではあまり問題はなさそうです。ついでにAndroidでも試してみたいのですが、手持ちのレグザフォンじゃ無理。そのうち機種変更した時にでも考えます。

PS Mobileでは小規模なゲームが色々出てくるんじゃないかと期待しているのですが、今のところはまだまだタイトルが少ないですね。そういうの普通はiOSかAndroidでリリースするでしょうからね…。将来的にもうちょっと盛り上がるのを楽しみにしています。


積みゲーの法則

このブログのサイドバーにも一応載せてはいますが、積みゲーがなかなか減りません。載っていないものでもお試し的に買ってみたなんてゲームや、無料でもらったゲームなんかもあるわけで、プレイする気になればさらに多くのゲームがあるわけです。この積みゲーの中で一度もプレイしていないものは無く、どれも本格的に始めていないか、どこかで中断してしまったゲームなわけです。そういうのを再開するのはなかなか大変です。そこでどんなゲームが積みゲーになってるのか考えてみました。パターンとして多かったのは…

  • 無料でもらったもの
  • ワゴン等安かったから何となく買ったもの
  • 人に強く薦められて買ったもの
  • 評判がいいから買ったもの
  • 複数ゲームのセット

最近はアンバサダーだの感謝とお詫びだので色んなゲームを無料でプレイする機会がありました。ですが、無料だと逆にありがたみが無かったのかどれも大してプレイせず、序盤だけプレイしてそれっきりになったものばかりでした。安いから何となく買ったというゲームも、同じような傾向があります。ちょっと詰まったりプレイ間隔が空いた時に、何とかクリアしてやろうという意欲が出てこなくなることが多いです。

評判に流されたり、オススメされて買ったゲームの場合は、過剰に期待してしまうのか合わないと感じてしまうことが多いです。面白いぞって言われているゲームの面白さを理解できるまでは、そのギャップが辛いような。

複数ゲームのセットは、1本クリアした時点で気持ちに区切りがついてしまって、その次に取り掛かるエネルギーが残らないような感じです。全部のソフトが欲しくて買ったわけでもないからなのかもしれませんね。

要するにこのゲームを買うぞ、と明確な意思を持って買ったゲームじゃないのが多いんでしょうね。自分で選んだものなら、基本無料のPSO2でもずいぶんと続いているわけですし。最近のゲームは適当に買ってプレイできたスーファミなんかと違ってボリュームがあります。プレイする時間にも限りがあるわけだから、ちゃんと厳選したほうがよさそうですね。……でも安いと買っちゃうんだよなぁ。


2012年の終わり

早いもので2012年ももう終わろうとしています。今年も色々ありました…。せっかくなので今年もプレイしたゲームをまとめてみることにします。

  1. 星のカービィ 鏡の大迷宮
  2. リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産
  3. ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
  4. テイルズオブイノセンスR
  5. シアトリズム ファイナルファンタジー
  6. GRAVITY DAZE
  7. スペースチャンネル5 パート2
  8. アークライズファンタジア
  9. 風ノ旅ビト
  10. マジカルファンタジスタ
  11. シンフォニーオブエタニティ
  12. 二ノ国 白き聖灰の女王
  13. マシンナイト
  14. トリニティ・クレスト
  15. 幻想水滸伝3
  16. デスティニーサーガ
  17. ファイナルファンタジー13-2
  18. 悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架
  19. ペルソナ4 ザ・ゴールデン
  20. 那由多の軌跡
  21. ペルソナ4 ジ・アルティメット
  22. 不思議の国の冒険酒場
  23. 幻想クロニクル
  24. イース セルセタの樹海
  25. セパスチャンネル
  26. 邪聖剣ネクロマンサー NIGHTMARE REBORN
  27. ラチェット&クランクFUTURE外伝

明確にクリアしたものでもこれぐらい。短いDLゲーが多かったから本数は多く出てますね。これ以外にもかなりの時間を費やしたPSO2や、ちょっとだけお試しでかじったようなゲームなどもあり、今年もやっぱりゲーム三昧でした。よくも悪くも低価格または無料でも手軽にゲームができるすごい時代になってきましたね。

今年特にハマったゲームといえば、シアトリズム、P4G、PSO2あたりでしょうか。シアトリズムは発売前から私みたいなプレイヤーをピンポイントで狙ってきたのかと思いきや、期待を大きく上回る出来で楽しませてくれました。P4Gは圧倒的なボリュームと新鮮さでものすごい勢いでプレイしてましたね。発売直前までノーマークだったのが幸いしました。PSO2は…文句タラタラながらも半分惰性みたいな感じでダラダラと続いてます。基本無料でこれだけ遊べるのは凄いことだと思います。そのうち一度記事にまとめよう。

今年はあまり積みゲーに手をつけられなかったので、来年は頑張って減らしていければいいかなーとか思っていますが、思っているだけで終わるような気もします。3月ぐらいには欲しいソフトも色々ありますし、来年もゲームをやりまくろうと思います。……あと、このブログも放置期間が短くなるように頑張ります……。記事の書き方とかも再検討しなきゃいけない時期にきてるかもしれませんね。今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


iOSシアトリズム

ブログの更新頻度上げようかなーと思っていたらすでに1週間が経過しているちょこたですこんばんは。PSO2とかネタにすれば色々と書けるはずなんですけど、一度習慣から外れてしまうとなかなか…。っていうかPSO2は一度も記事にしてませんでした。

それはともかく、最近iOS版のシアトリズムFFが配信されたので、家族の第3世代iPadを借りて無料部分だけ試してみました。3DS版はかなりハマったゲームなので、どうしても気になってしまいます。無料でプレイできるのは2曲で後は有料DLCという形です。シンプルにタッチして遊ぶタイプの音ゲーなので、移植されたのも自然な流れでしょうね。

プレイ感覚は3DS版をかなりいい感じで再現していました。少なくともプレイ中は処理落ちや音飛びが気になるようなこともなく、動きも十分滑らかでした。表示が大きくなった分、キャラの動きの硬さが目立っていたような気はしますが、プレイに関わる部分ではありません。ただ、iPad用のタッチペンがないので指でプレイすることになったのですが、これはちょっとキツかったです。サラサラ系の保護シートを貼るか、タッチペンを買うかしたほうがいいでしょうね。譜面は3DS版より若干難しくなったかも。

容量が3DS版より少ないせいか、さすがにムービーつきのステージは削除されてました。RPG的なカスタマイズ要素は大幅に簡略化され、オープニング・エンディングの演出もおそらく無しで、純粋に2タイプの音ゲーで遊ぶゲームになってます。その分繰り返し遊んでも飽きないモードが入ってるみたいですね。テンポの悪かったリザルト画面が素早くスキップできるようになったものの、出撃画面やロードでテンポが悪くなって、この辺りは一長一短でした。

曲は基本の4曲セットが450円を13作品分に、1曲170円の追加曲が60曲近く用意されてました。あれこれ揃えたらiOSのアプリとしては考えられないような金額になりそうです。基本パックで3DS版ソフトと同じぐらいの値段。強気だなぁ。3DS版には無かった曲もあり、あっちにも追加してほしいものも何曲かありました。DLCの曲も購入画面で視聴できるのはいいですね。キャラも基本の13人は最初から入っていますが、それ以外は1人250円。強気だなぁ。

大きな違いとしてはエディットモードが入っていて、作成した譜面を公開したり、誰かが作った譜面を落として遊んだりできるようです。高品質な譜面を探してDLするのはなかなか大変な気がしますが…。難しいのと理不尽なのを勘違いした、脈絡のない譜面だらけになりそう。作るほうは難しそうですが面白そうです。ヘルプメッセージで読める譜面作りの裏話が興味深かったですね。

全部揃える前提で考えるとすごい値段ですが、基本無料で必要なものだけ買うなら3DS版よりも手軽に試せると思うので、興味のある方はやってみてもいいんじゃないでしょうか。ちなみに3DS版は最近100時間プレイの実績を達成して60/64。残るは全キャラLv99と、すれ違い関係2つ、マルチプレイです。Lvはいつでもできるとしても、あとは厳しいかな。