エンドオブアスピレイション

ケムコから久々にリリースされたPSP用のRPG「エンドオブアスピレイション」をクリアしました。携帯・スマホアプリからの移植もの。こういうB級感あふれる古臭いRPGって好きなんですよね。ケムコのPSPソフトは幻想クロニクルで参入して以降1年以上出ておらず、もう撤退したものだと思っていたのですが、ここにきて突然出てきたので早速プレイしてみました。今さらPSP、今さらVita非対応、値段は予想より高い800円と、最初からやる気があるのか微妙なのが気になりましたが…。

なんというか全体的に中身の薄いゲームという印象でした。プレイ時間は寄り道しつつでも6時間程度。長ければいいというものでもありませんが、面白さが凝縮されているというわけでもなく、非常にアッサリ終わってしまいました。ストーリーも登場人物がやたら少ない上に掘り下げも浅く、世界観の説明もロクにされないのでイマイチでした。難易度が極端に低く、ザコ敵から受けるダメージが0なんてのはいつものことで、ただオートにして戦闘が終わるのを待つ局面が多すぎでした。

特技や魔法に相当する「スキル」を自由に付け替えできるシステムが入ってはいますが、習得できるスキル数を増やすのは追加課金ですし、そもそも無駄にスキル数が水増しされていて、特に面白さにはつながっていませんでした。敵の能力を調べるスキルだけで6種類ぐらいとか意味あるのか…。

なぜこのタイミングで、この微妙なゲームをPSPで発売したのか、正直よく分かりません。同じWorldWideSoftware作品なら、シンフォニーオブエタニティとかのほうが余程面白かったですし。WWS作品で初めて追加課金に対応したゲームだった…って程度なんでしょうか。携帯での暇つぶしには丁度いいのかもしれませんけど、PSP向けの作りじゃないですね。800円にしては期待はずれでした。ケムコにはまだまだたくさんゲームがありますから、次に期待しましょう。


XperiaにDUALSHOCK

うちのXperiaZがアップデートでAndroid4.2になりました。それと同時にタブレットや最新機種と同様に、DUALSHOCK3を接続できる機能が追加されたということで、せっかくだから試してみました。つながる機器がある以上はつなぐしかないのです。つながるという情報はあるもののマニュアルにも全然情報がなく、分かるのはPS Moblieソフトに使えるということぐらい。

とりあえずPSMのソフトはVita版とほぼ同じ感覚でプレイできました。クレードルに立てれば安定感のある画面でなかなか快適です。さらにMHLでディスプレイに接続すれば、ワイヤレスかつ大画面でまさに据置機感覚。接続がちょっと面倒ですけど悪くないです。これでPSMのラインナップが充実してくれば面白いことになりそうなのですが…。ケイオスリングスの登場でちょっとは盛り上がると思ったんですけどね。評価件数もそんなに伸びてないみたいですし、まだまだなんでしょうか。

その他のゲームソフトはXperia play対応と書かれているものも含め厳しい状況でした。FFレジェンズやアルファディアジェネシスは入力を受け付けていないようでしたし、いくつかカーソル入力が効くものがあっても全ての操作に対応していなかったり、動作が不安定だったりで普通に遊べるレベルではありませんでした。膨大なアプリの中にはちゃんとプレイできるものもあるのでしょうが、見分ける方法は今のところなさそうです。これからのソフト側の対応やXperia側のオプションの充実などが必要ですね。現状だと驚くほど何の説明も何のオプションもありませんし。

ちなみにDUALSHOCKでスマホ自体の簡単なカーソル移動などができ、基本操作も一応できました。ただ、ボタンの設定が洋風な×で決定、△で戻るというタイプで固定されるため、ちょっと馴染みにくいです。STARTがホームボタンに対応しているので、間違って押すとゲーム中でも一発でホーム画面に戻されるのは不便です。PSMの使用中は普通に○で決定などの操作に切り替わっていました。

なお、接続自体はちょっと厄介でした。一度有線接続をする必要があるので、スマホでUSB接続ができる変換アダプタを通す必要があるほか、テレビに出力するMHLケーブルも色々種類があって分かりにくいです。費用もアダプタ700円にMHLケーブル3000円と結構かかってしまいました…。まあ面白かったからよしとしよう。


1ヶ月ぶり

ブログの更新がまたしても滞っておりました。というのも……ファイル 286-1.jpg

時間泥棒の代表格、モンハン4とドラクエ10を始めたからでした。ほんとに時間がいくらあっても足りませんねこれは。おかげで長いことプレイしていたPSO2は休止状態になりましたし、ソロゲーも全然手をつけられません。というか、両方ともソロでもかなり遊べるので、恐ろしくボリュームのあるソロゲーを遊んでいる感覚です。どっちもがっつり遊びこみたいのですが、なかなか両立は難しくて中途半端になってますね。

時間的な余裕があれば遊んでみたいソフトも山ほど。閃の軌跡はタイミングと前作の碧が合わなかったのもあって買ってはいないのですが、シリーズを追うか切るか判断するためにも一度はプレイしておきたいところ。最近人気のダンガンロンパもVita版にあわせてやってみたいですし、Vitaだと朧村正もずっとそのポジションのままです。FF13、13-2と追ってきた以上はライトニングリターンズも気になります。シアトリズム新作の前にCCFF7と零式、10、10-2のリマスターも予習したいです。前作は結局スルーしてしまったブレイブリーデフォルトも完全版が出るこの機会に乗りたい。キャトルゲーのメタルマックス4も前情報は微妙ながら興味あり。一度は再プレイしてみたかったテイルズオブシンフォニアとラタトスクのセットは…さすがに高いか。……無理です。


逆転シリーズ完走

逆転裁判5の発売に合わせて始めた、逆転裁判4、逆転検事、逆転検事2、逆転裁判5の連続プレイがついに完結しました。もともと逆転裁判5がやりたかったのですが、前作も一通りやっておいた方が楽しめるだろうということで。プレイ時間は合計で80時間以上。5はDLCも一通りクリアしました。気がつけば発売日から1ヶ月以上が経過していたという。同じようなゲームを4本も連続で遊んだものだから、若干中だるみするような部分もありましたが、全体としてはかなり楽しめました。4本の中で一番面白かったのは検事2で、次点が裁判5ですね。

検事1は評判の悪かった裁判4の後ということもあってか、ファンサービス重視で手探り感があり、若干のパワー不足を感じました。ちゃんと逆転裁判のイメージは残っていて、公式の外伝としては十分面白いですが。検事2は全編を通してクライマックス級のスケールが大きい話の連続だったのが面白いところでした。シリーズを通して第1話はチュートリアルの要素が強く、難易度や話がヌルかったりするのですが、これは第1話からインパクトのある内容でした。1発目からこれはできないでしょうし、続編ならではの作りでしょうね。ロジックチェスは難易度が低すぎて蛇足でした。

本命の裁判5は検事2ほどではなかったものの、新しいスタートとしては良かったです。初期の主人公を復活させ、4を無かったことにもせず、さらに新規プレイヤーが入れるような新しい展開に、という欲張りなゲームを上手いこと実現してました。色々詰め込みすぎて各キャラの掘り下げが弱いとか、トリックやゲーム自体の難易度が低い部分は気になりました。ですが、この路線で続編を作ってくれれば、検事1から2に進化したようにかなり面白いゲームができそうな予感がします。

DLCはシナリオの方は本編を超えるレベルの面白さで、最初から入っていないのが惜しいぐらいでした。クイズはストーリーも本編とはあまり関係のないものですし、無料の序章をプレイして面白ければやってもいいかも、というぐらいでした。大して高いものでもないですし、このご時勢多少の有料コンテンツは仕方ないところでしょう。

一応シリーズ作品を全部プレイしてから裁判5に臨みましたが、前提条件として検事シリーズはやっていなくても特に問題はなさそうです。さすがに裁判1~4はやっておいたほうが楽しめますが。4本も連続で逆転しまくって満足しました。今は軽く燃え尽きてます。どんな形になるかは分かりませんが続編も楽しみにしています。


PS+でアーク

たまにはアークの話題でも。PS3やVitaで使える月額サービスの「PlayStation Plus」で、加入中にゲームが遊び放題になる「フリープレイ」のラインナップにアーカイブス版アーク1、2、3が入りました。通常は各600円するものですが、月額500円でなんと遊び放題! ……そんなにお得な感じはしませんね。3本を1ヶ月以内に遊びきれる余裕があり、クリアしたゲームを振り返ることはないって人ならお得かもしれません。……どんな人だよ。アーカイブスだけでも100本以上はあるから、旧作のお試しには便利だと思います。

なんにせよ遊び方の選択肢が多少なりとも増えることを喜ぶべきでしょう。PS+は時々無料キャンペーンをやっていたりしますし、PS4はオンラインでのマルチプレイにPS+への加入が必須になるという話ですし、手軽に触れられるようになるのはいいことじゃないでしょうか。現在、アーカイブスのフリープレイは配信期間が1年間と決まっているみたいですが、今のルールだと一度でも加入してダウンロードしておけば、配信期間終了後に再加入しても遊べることになっています。機会はなかなか無さそうですが、もしあったらぜひお試しを。